[認知症plus]シリーズ 今後の刊行予定

シリーズ第2弾
認知症 plus がん看護
治療の流れに沿ったせん妄・認知機能障害のケア

小川朝生・田中登美 編


がん患者にせん妄や認知機能障害が出現する原因となる薬物や治療とアセスメントのポイント、および入院から外来通院まで治療の流れに沿った対応法を詳しく解説します。 

B5判、224ページ、定価2800円+税
2019年9月上旬刊行予定

~・~・~・~・~・~・~

シリーズ第3弾
認知症 plus 回想法
別冊写真集で振り返るあの頃の暮らし

鈴木正典 編

認知症予防に有効な写真を用いた回想法について、実際に使用できる写真集とコミュニケーションのヒント、会話の展開例などを交えて解説します。別冊写真集「思い出が蘇える懐しい昭和の写真」が付いています。

B5判、122ページ+別冊44ページ、定価2300円+税
2019年9月中旬刊行予定

~・~・~・~・~・~・~

[以降の刊行予定]

認知症 plus 院内デイケア──生活機能の維持・向上を目指して(仮)
旭 俊臣・坂本昌子・賀曽利裕 編
B5判、144ページ、定価2300円+税
2019年9月下旬刊行予定

認知症 plus 退院支援──一般病棟ナースのためのQ&A74(仮)
深堀浩樹・酒井郁子・山川みやえ・戸村ひかり 編
2019年秋刊行予定

認知症 plus 法律問題──高齢者と家族のためのゼミナール(仮)
山崎祥光 編著
2019年冬刊行予定

認知症 plus 予防教育
認知症 plus 家族支援
認知症 plus 身体疾患
認知症 plus 生活の継続
認知症 plus 院内研修
認知症 plus 身体拘束予防

など、ケア現場に密着したテーマを企画中です。
ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です