このサイトについて

いま日本では、認知症をもつ人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた環境で自分らしく暮らし続けられる社会を目指し、各方面でさまざまな取り組みが進んでいます。

認知症をもつ人の行動には、それぞれの生活歴や身体的健康状態などが深く影響しているため、全人的理解のもとで看護ケアを実践していく必要がありますが、それは決して容易ではありません。

また、身体的健康状態が悪化し、BPSD(行動・心理症状)が現れやすい状況下でケアにあたる病院看護職の皆さんの中には、それらの対応の難しさから、認知症をもつ患者さんと向き合うことに苦手意識を抱かれる方も少なくないのでは? と思われます。

私たちは、そうしたさまざまな疑問や不安を抱えながら現場で働く、医療・看護・介護専門職の皆さんに向けた、「認知症 plus」シリーズの刊行を2019年3月よりスタートします。この書籍シリーズでは、認知症にかかわる幅広い領域で活躍される専門職や研究者の最新知見を、現場ですぐに活かせる知識やケア技術として紹介していきます。

そしてこのサイトでは、新刊情報のほか、学術論文の紹介や編集部員による取材記事など、シリーズ書籍に連動したさまざまなコンテンツを随時発信していきます。

「認知症 plus」シリーズならびに当サイトは、認知症をもつ人とその家族の生活、それを支える地域や社会をよりよくしていくために、読者の皆さまとともに歩んでいきたいと考えています。ぜひともさまざまなご意見などをお寄せください。

皆さんのこれからの認知症ケアに役立ちますように。
そう願ってやみません。

2019年2月
株式会社日本看護協会出版会
認知症プロジェクト