認知症をもつ人とその家族の生活を支え
地域・社会をよりよくしていきたいと考えている
医療・看護・介護専門職のためのサイト
小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”ー⑨おばあちゃん ひとり せんそうごっこ

& Media

NEW

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”ー⑨おばあちゃん ひとり せんそうごっこ


小学生の孫の目から見た「ぼけ」のおばあちゃん。おばあちゃんに辛くあたられ、泣いているお母さんを見て、おばあちゃんは「うちゅうじんに なったんじゃないか」「うちゅうじんといっしょに くらすのは むずかしい」「おばあちゃんなんか しんじゃえばいい」と思います。よくある話とはいえ暗い気持ちになりますが、最後にちょっと救いが。...more

小澤勲先生が選ぶ”認知症を知るための本”─⑧わが母の記:その3「雪の面」

& Media

小澤勲先生が選ぶ”認知症を知るための本”─⑧わが母の記:その3「雪の面」


三部作の最後「雪の面」は、89歳で亡くなった母の葬儀に集まった子ども、孫たちの回想です。作者(井上靖)の「母は長く烈しい闘いをひとりで闘い、闘い終って、いま何個かの骨片になってしまったと、その時私は思った」という文章で、この小説は終わっています。...more

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─⑦わが母の記:その2 「月の光」

& Media

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─⑦わが母の記:その2 「月の光」


ほろ酔いの作者はぼけた母に、今日ばかりはと「さあ、おばあちゃん、同じことを何度でも言っていいよ」と言います。ところが次の日、母から「この人は変な人だよ、同じことばかり言ってる」とやり返されます。そして母は「この人」が誰かわからなくなっている…笑っていいのかどうか…リアルな場面です。...more

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─⑥わが母の記:その1「花の下」

& Media

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─⑥わが母の記:その1「花の下」


これは、私小説作家ではない作者が書いた私小説です。作者の母に向ける優しいまなざし、哀切な気持ちは十分に伝わってきて、私の好きな小説の1つです。...more

[認知症とメディア] 第2回社内鑑賞会 ◇ アニメ映画「しわ」

& Media

[認知症とメディア] 第2回社内鑑賞会 ◇ アニメ映画「しわ」


「認知症とメディア」第2回社内鑑賞会では、スペインのアニメーション映画「しわ」を鑑賞しました。映画の概要および視聴後に行ったアンケート結果を紹介します。...more

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─⑤都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト

& Media

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─⑤都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト


今回は幻想的な作風でファンが多い小説家・澁澤龍彦の、自身のせん妄体験を書いたエッセイです。...more

小澤 勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─④ただ一撃

& Media

小澤 勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─④ただ一撃


今回は時代小説です。小澤先生が好きな作家・藤沢周平のごく初期の短編ですが、なんとも荒唐無稽なお話とのこと.。気になる…...more

小澤 勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─③寂蓼郊野

& Media

小澤 勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─③寂蓼郊野


1993年の芥川賞受賞作品です。小澤先生はこの本の帯「アルツハイマー病が愛を砂漠に変えた」について、「私はそうは思いません」と言っています。それはなぜ?...more

小澤 勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─②われもこう

& Media

小澤 勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─②われもこう


寂聴師の作品には老いやぼけを描いたものもあるけれど、ご本人が老い知らずな方ゆえ、リアリティが……という小澤先生。しかし「われもこう」は好きな作品とのこと。...more

小澤 勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─①明日の記憶

& Media

小澤 勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─①明日の記憶


小澤先生は、認知症をかかえた人に一人称で語らせる小説はほとんど見あたらず、先生の知る限り、夏樹静子の『白愁のとき』と荻原浩『明日の記憶』くらいだと言います、...more