認知症をもつ人とその家族の生活を支え
地域・社会をよりよくしていきたいと考えている
医療・看護・介護専門職のためのサイト
シリーズ第15弾『認知症plus終末期ケアとACP』刊行!

Books

シリーズ第15弾『認知症plus終末期ケアとACP』刊行!


長い経過の中で予期せぬ転帰を迎えたとき、本人や家族の意思をどう汲み取り、支援していけばよいのでしょうか。
認知症をもつ人の終末期ケアに取り組んだ10の事例から、病院・在宅・施設などさまざまな場面で当事者のサポートに奮闘する、ケア提供者たちの実践とその工夫を紹介します。


■主な内容
第1章 認知症の終末期ケアをどう考えるか
「その人らしさ」を支えるということ / 認知症をもつ人のACP / 日々の対話で形づくられる意思決定支援 / 予測しなかった状況で選択を迫られる家族
第2章 「診断から最期まで」を支えるチームケア
case 1~10
第3章 認知症の終末期ケアをめぐるさまざまな困難 
終末期における医療の選択 / 介護保険制度をめぐる課題 / 終末期における身体管理 / 認知症患者が、がんで終末期を迎えるとき / 医療処置に限界のある施設でのケア / インフォームド・コンセント後のフォロー / 自宅と病院、最期をどこで迎えるか...more

2021年12月22日

シリーズ第14弾『認知症plus院内研修と対応』刊行!

Books

シリーズ第14弾『認知症plus院内研修と対応』刊行!


コンサルテーション・精神医学/老年看護のエキスパートが開発した「認知症ケアの教育プログラム」を全公開! 一般病院で認知症の人が身体機能・精神機能を落とさずに地域に戻るためのケアのポイントを学べます。...more

[認知症plus]シリーズ 今後の刊行予定

Books

[認知症plus]シリーズ 今後の刊行予定


2022年も「認知症plus」シリーズは続きます! 現在鋭意編集中です。どうぞご期待ください。...more

【関連本紹介】“認知症と拘束”尊厳回復に挑むナースたち

Column

【関連本紹介】“認知症と拘束”尊厳回復に挑むナースたち


認知症をもつ人の身体を「縛る」ことは「しょうがない」のでしょうか? 人間の尊厳に関わるこの問題に、人生をかけて挑んだ3人のナースへのインタビューをまとめました。...more

シリーズ第13弾『認知症plus意思表明支援』刊行!

Books

シリーズ第13弾『認知症plus意思表明支援』刊行!


「認知症の人と家族の意思表明を支える対話」23事例を掲載しました。対話力を磨く「手がかり」がここにあります。ぜひお手に取ってみてください。...more