認知症をもつ人とその家族の生活を支え
地域・社会をよりよくしていきたいと考えている
医療・看護・介護専門職のためのサイト
シリーズ第17弾『認知症plus地域共生社会』刊行!

Books

シリーズ第17弾『認知症plus地域共生社会』刊行!

認知症 plus 地域共生社会

つながり支え合うまちづくりのために私たちができること

 

近藤尚己・五十嵐歩 編
B5/184ページ /定価/定価2,860円(本体2,600円+税10%)

 

認知症施策推進におけるキーワードの一つ「地域共生社会」。制度・分野ごとの「縦割り」や、支え手・受け手の関係を超えてつながり、暮らしと生きがい、地域をともに創る社会を意味するが、その実現のために、私たちは具体的に何を目指し、何をすればよいのでしょうか。医療・介護・福祉等の専門職や当事者・家族など、多様な主体による取り組み事例を紹介しながら、〈概念〉と〈実践〉の両面から解説します。

>> 商品情報はこちら

2022年03月26日