認知症をもつ人とその家族の生活を支え
地域・社会をよりよくしていきたいと考えている
医療・看護・介護専門職のためのサイト
シリーズ第19弾『認知症plus行動・心理症状のケア』刊行!

Books

シリーズ第19弾『認知症plus行動・心理症状のケア』刊行!


第1章 行動・心理症状とケアの基本を理解しよう
第2章 行動・心理症状の予防や改善に向けた支援の方法を身につけよう
第3章 行動・心理症状と薬剤調整・服薬管理について学ぼう
第4章 行動・心理症状への対応力と医療的ケアの知識を高めよう
第5章 地域で支えるためのケアや連携の実際について学ぼう...more

【関連本紹介】 認知症高齢者とセクハラ

Books

【関連本紹介】 認知症高齢者とセクハラ


ケア提供者に卑猥なことを言ったり、体を触ったりする認知症高齢者にどう対応すればよいのか──高齢者看護・介護の現場で働く専門職が、自身の経験を踏まえて考察しました。誰にも相談できずに悩んでいる人にぜひ読んでいただきたい一冊です。...more

シリーズ第18弾『認知症plus食を支えるケア』刊行!

Books

シリーズ第18弾『認知症plus食を支えるケア』刊行!


認知症の人が楽しく心地よく安全に食事ができるためには、疾病の進行による機能低下を踏まえた「食」のケアが必要です。本書では、観察とアセスメントを重視して、「食」を支えるケアの考え方から、接触嚥下機能の基礎知識、栄養ケア、口腔ケアまで、Q&A形式でわかりやすく解説します。すべてのケア提供者に読んでほしい一冊です。...more

認知症plusおよび関連本、今後の刊行予定

Books

認知症plusおよび関連本、今後の刊行予定


今後刊行を予定している書籍のご案内です。どうぞご期待ください。...more

シリーズ第17弾『認知症plus地域共生社会』刊行!

Books

シリーズ第17弾『認知症plus地域共生社会』刊行!


認知症施策推進におけるキーワードの一つ「地域共生社会」。暮らしと生きがい、地域をともに創る社会の実現のために、私たちは何を目指し、何をすればよいのでしょうか。医療・介護・福祉等の専門職や当事者・家族などによる取り組み事例を紹介し、〈概念〉と〈実践〉の両面から解説します。...more

シリーズ第16弾『認知症plus若年性認知症』刊行!

Books

シリーズ第16弾『認知症plus若年性認知症』刊行!


病気の発見や診断が遅れがちで、周囲からの理解も得にくく、仕事の継続や通勤に困難が生じて、子どもや親が多大な負担を抱えるなど社会的課題を数多く抱える若年性知症の実態はどのようなものなのか。本人と家族を生活者の視点から支える看護職の役割や多職種協働の実際を、9つの事例検証を通して解説する。...more

シリーズ第15弾『認知症plus終末期ケアとACP』刊行!

Books

シリーズ第15弾『認知症plus終末期ケアとACP』刊行!


長い経過の中で予期せぬ転帰を迎えたとき、本人や家族の意思をどう汲み取り、支援していけばよいのでしょうか。
認知症をもつ人の終末期ケアに取り組んだ10の事例から、病院・在宅・施設などさまざまな場面で当事者のサポートに奮闘する、ケア提供者たちの実践とその工夫を紹介します。...more

シリーズ第14弾『認知症plus院内対応と研修』刊行!

Books

シリーズ第14弾『認知症plus院内対応と研修』刊行!


コンサルテーション・精神医学/老年看護のエキスパートが開発した「認知症ケアの教育プログラム」を全公開! 一般病院で認知症の人が身体機能・精神機能を落とさずに地域に戻るためのケアのポイントを学べます。...more