認知症をもつ人とその家族の生活を支え
地域・社会をよりよくしていきたいと考えている
医療・看護・介護専門職のためのサイト
シリーズ第7弾『認知症plus予防教育』刊行!

Books

シリーズ第7弾『認知症plus予防教育』刊行!


世界的な医学雑誌「Lancet」の掲載論文「認知症予防、介入、ケア」では、認知症の35%は抑制可能であり、認知症予防のためには「運動」「食事」「社会参加」が重要だとしています。
本書ではこの3つに基づいた学際的研究(医学、薬学、スポーツ学、栄養学、看護学、理工学など)の知見と、地域における取組みの最前線を紹介しています。


世界の最前線研究を知りたいけれども、英文論文を読むのはちょっと大変…という方に、ぜひおすすめです。...more

2020年03月13日

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─⑦わが母の記:その2 「月の光」

& Media

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─⑦わが母の記:その2 「月の光」


ほろ酔いの作者はぼけた母に、今日ばかりはと「さあ、おばあちゃん、同じことを何度でも言っていいよ」と言います。ところが次の日、母から「この人は変な人だよ、同じことばかり言ってる」とやり返されます。そして母は「この人」が誰かわからなくなっている…笑っていいのかどうか…リアルな場面です。...more

認知症本人大使「希望大使」任命イベント~私たち本人といっしょに希望の輪を広げよう

Report

認知症本人大使「希望大使」任命イベント~私たち本人といっしょに希望の輪を広げよう


2020年1月20日(月)、認知症への関心と理解を深めるための普及・啓発を行う「希望大使」を任命する「認知症本人大使『希望大使』任命イベント~私たち本人といっしょに希望の輪を広げよう~」が開催されました。 ...more

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─⑥わが母の記:その1「花の下」

& Media

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”─⑥わが母の記:その1「花の下」


これは、私小説作家ではない作者が書いた私小説です。作者の母に向ける優しいまなざし、哀切な気持ちは十分に伝わってきて、私の好きな小説の1つです。...more

性的逸脱行為への対応ーー看護職の悩みを和らげる工夫:②Q&A編

Column

性的逸脱行為への対応ーー看護職の悩みを和らげる工夫:②Q&A編


性的逸脱行為を繰り返す利用者へのかかわり、訪問看護で起こりやすい6つの場面についてQ&A方式で、堀内園子さんに解説いただきます。...more