認知症をもつ人とその家族の生活を支え
地域・社会をよりよくしていきたいと考えている
医療・看護・介護専門職のためのサイト
シリーズ第11弾『認知症plus身体疾患』刊行!

Books

シリーズ第11弾『認知症plus身体疾患』刊行!


がん性疼痛、心不全の悪化、透析の治療の場面で、認知症高齢者によくみられる事象とその原因を探り、認知症高齢者が安全に治療を受けるための看護のポイントを示しました。また、抑制や終末期治療の選択などへの倫理的視点についても問題提起をしています。


認知症があると、「治療について説明してもわからない」「治療を拒否する」「安静が保てず、転倒転落のリスクがある」など、治療を行う上で困難な状況があり、疲弊している方も多いのではないでしょうか。認知症高齢者への丁寧な対応が難しい現場で、「これならできそう」と思えるような看護のポイントやヒントを示しました。ぜひご参考にしてください!...more

2021年02月26日

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”—16 良寛さん

& Media

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”—16 良寛さん


はじめにお断りしておきますが、「良寛さん」は「ぼけ」と直接は関係ありません。「老いを読む」とお考えください。今回は私の大好きな良寛さんの話をさせていただきます。...more

[認知症plus]シリーズ 今後の刊行予定

Books

[認知症plus]シリーズ 今後の刊行予定


認知症plusシリーズ第11弾『認知症 plus 身体疾患』が刊行になりました。次号はしばらくあき、2021年春に発行予定です。しばしお待ちください。...more

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”—15 恍惚の人

& Media

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”—15 恍惚の人


この本の初出は1972年、約半世紀前です。痴呆という言葉さえ専門家しか使わない時代です。耄碌(もうろく)というのが一般に使われていた言葉でした。この本は大ベストセラーになり社会現象にもなって、認知症にはまったく無策だった、当時の厚生省を認知症対策に駆り立てたほどでした。...more

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”—14 ライスカレーと母と海

& Media

小澤勲先生が選ぶ“認知症を知るための本”—14 ライスカレーと母と海


どんなに「ぼけ」が重度になっても、心が通じたと思える瞬間はありますよね。ただ、そう感じられるのは長年連れ添った人だけに許される特権でしょう。私も大変な毎日を送っておられるに違いない皆さんに、ほんのいっときでも憩っていただけるイスを差し出せれば、と願っております。...more